<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

コンタクトレンズミシュラン

思えば20年以上コンタクトレンズを使ってきた。
失敗したレンズも多いが、それを忘れてまた買ったりするので、これを備忘録としたい。

【レンズ】
クーパービジョン, バイオフィニティ
種別=マンスリー
特徴=シリコーンハイドロゲル。高級品
装着感 ☆5
長時間装着 ☆5
乱視補正度 ☆4
コメント=コンタクトレンズの最高峰。装着感のなさがずっと続く。
長時間装着でもレンズの汚れは気にならない。ほぼ理想のレンズ。
唯一の問題は高価格であること。しかし、まさに裸眼の感覚が続く
コンタクトレンズはこれだけであり、唯一無二の存在。

CIBA VISION, AIR OPTIX EX, エア オプティクス EX アクア
種別=マンスリー
特徴=シリコーンハイドロゲル。激安
装着感 ☆5
長時間装着 ☆4
乱視補正度 ☆2
コメント=乱視補正度が足りなく、視力が出ていない。不正乱視のないひとなら問題ないかも。
激安でシリコーンハイドロゲルなので、視力が出ていれば浮気しなかったのに。
長時間装着でも疲れは少ない。目の渇きも問題なし。


【ケア用品】
消毒はコンセプトワンステップで決まり。
シリコーンハイドロゲルレンズならば過酸化水素がよいと考える。
中和剤を入れ忘れて、そのまま目にレンズを入れると最悪なので要注意。
痛みに絶叫し、速攻でレンズを外し目を流水で洗いまくっても、目は真っ赤に充血し、数時間は充血はとれない。
その日のコンタクト使用は中止決定。
これがトラウマになって使いたくなくなるが、やはりウイルスも殺菌できるコンセプトワンステップの消毒力は捨てがたい。
装着前に溶液の色を確認しようと心に決めるが1年たつと確認がおざなりになってしまい、また、
失敗し、目の痛さに絶叫することになる。
消毒前に、レンズを水道水を使ってこすり洗いすること(これでレンズを落とすようではまだまだ初心者)。
またレンズケースを週1回程度、手洗い用洗剤で洗うと表面のぬめりを完全に除去できる。
2ピースのレンズケースは洗ってから、ふたを閉めて保存するバカはいないと思うが念のため。
ふたをすると乾かないで細菌が繁殖する恐れあり。また、レンズを止めるかごは開いておいたほうが乾燥しやすい。
[PR]
by reich | 2014-05-24 09:53 | 身辺雑記

Enough time to be sad

I have enough time to be sad.
Now is the time to be happy.

NHKの番組でハワイの老人が自ら耕した畑を前に語った言葉。
[PR]
by reich | 2014-05-06 14:10 | 身辺雑記

ハードルが高い、モバイルSuica特急券

5月の連休に上越新幹線を使って帰省することにした。
回数券は使用できない期間なので株主優待券以外に値引き運賃はないものと思っていたが、モバイルSuica特急券なる、割引があることが分かった。

今回、実際に使ってみて、驚くほどハードルが高かったので報告してみたい。

(1)NFC(ニアフィールドカード=電子マネー)対応の携帯が必要。
(2)クレジットカードを用意する。

ビューカード以外は、年会費1000円が発生するので、ビューカードがないとこのサービスを利用する価値は大幅に低下する。(ビューカードについても"当面"、年会費無料との記載になっている)
私はビックカメラの提携カードを利用した。
(3)モバイルSuicaのアプリを携帯にダウンロード
(4)事前に、モバイルSuicaの会員登録を済ませておく。 My JR-East とサービス連携が可能。
( My JR-East のパスワードでログインできるようになる)
(5)モバイルSuicaアプリから、新幹線の切符を購入する。料金は会員登録時に使用したクレジットカード決済になる。
モバイルSuica特急券は、新幹線の駅と駅の間の乗車券と特急券であり、新幹線の駅以外の駅への乗車券を購入することができない。在来線へ、もしくは在来線から乗り換える場合は、新幹線の駅で一旦乗車料金を精算したことになる。そのため、在来線に乗り換える場合、通常の料金より割高になる場合がある。
また、座席は車両ごとの空き座席を見ながら指定できるものの、その電車が何両編成か、指定席は何両目にあるのか、情報が表示されないので、別の車両の指定はストレスを感じる。8両編成の電車でもそれ以上の車両番号も選択可能になっている。また、2階建て車両の場合、1階と2階は車両のトップメニューまで戻らないと切り替えることができない(車両番号の指定では移動できない)。
また、切符購入時に、通常の通信販売に存在する、確認画面がなく、購入のリンクを押すとそのまま即購入なので、十分注意すること。購入した切符の発車時刻の前ならば、モバイルSuicaアプリを使って、列車の変更などは可能だが(スーパーモバイル特急券は変更不可とのこと)、キャンセルは料金が300円くらい掛かるとパンフに記載があった。緑の窓口でモバイル特急券の列車変更、キャンセルを頼むことは困難と思われるので(会員情報を口頭や紙に書いて駅員に渡すのは考えにくい)、自己責任を覚悟したほうがよいと思う。
(6)モバイルSuicaアプリを操作して、購入した特急券を携帯にダウンロードする。
複数のモバイル特急券を購入したときに、どれを行使するか選択するため、サーバから特急券のデータをダウンロード・アップロードする機能がある。すなわち、購入しただけでは特急券を利用できる状態にはなっていない。また、連れがいる場合は、一人一人が自分の携帯を操作し、個別に特急券を購入する必要がある。
(7)モバイルSuicaに現金をチャージする。
駅のATM(ビューアルッテ)や切符売り場の券売機では、おそらくチャージは不可のため、モバイルSuicaアプリを使ってクレジットカードから最低額1000円をチャージした。Suicaなので、特急から在来線に乗り換えることができるので、入場時に最低運賃以上の現金がモバイルSuicaにチャージされている必要がある。
モバイルSuica特急券等購入済みで新幹線の駅から乗車するのならば、改札にタッチしても入場料は取られない。
(8)携帯を操作して、NFCを有効にする。
電力を消費するため通常はOFFになっています。私は携帯の電子マネーを使っていないのでNFCの機能を初めて使用しました。

どうでしょう。そのハードルを越えること自体が目的になりそうなほどハードルが高いです。
私が引っかかったのは(7)の制約でした。乗車券兼特急券を購入済みならば、入場できると思ったら、ピンポーンと改札で鳴ってしまい、入場できませんでした。
初めての使用する場合は、時間に余裕がないと乗り遅れてしまうと思われます。
私は携帯のNFCを使い続けるつもりはないので、新幹線の駅で一旦改札の外に出たので、さらに時間が必要でした。また、当然ながら下車時にも同じ携帯のNFCを使うので、乗車中に携帯の電池が切れないように注意する必要があります。

切符購入のリンクとキャンセルのリンクは隣同士の2行になっており、キャンセルのつもりで購入ボタンをタッチしそうで怖いです。これだけ苦労して、私の場合自由席に比べて指定席でありながら2百円くらい安くなりました。この200円が誤操作のリスク、乗り遅れのリスク、これだけの手間と見合っているどうかは大変疑問です。

以上は私が正しいと思ったことを記載しましたが、正確さは保証できません。また、ルールが変わるかもしれません。上記情報は自己責任にてご利用ください。高額な新幹線の切符の話ですので、十分ご注意ください。
[PR]
by reich | 2014-05-05 07:54 | 身辺雑記


メモ


by reich

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
身辺雑記
IT
SSD
ニュース
グルメ
Raspberry Pi
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

南朝鮮で「親日派」財産を..
from 漆黒ノ軍皇
ビーチバレーの妖精!浅尾..
from ビーチバレー浅尾美和のビキニ..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
ネット・IT技術

画像一覧